auraの独り言


by aura-sbys
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2006年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧

帰省しておりました。

長い間ブログ休んでしまって本当に申し訳ないです。
実はお盆の時期(ってもう10日以上前ですね。)実家へ子どもたち連れて帰ってました。
戻ってからは、もう1週間経つのですが、
なぜか、また時間に追われる日々をおくってました。
昨日から、長男の幼稚園も始まり、また午前中だけですが平和な時間が戻ってきました。
次男も、おもちゃを独り占め出来ることもあり、これぞとばかり、おもちゃを出してきて、
遊んでいます。
この後片付けは誰がやるのよ~
まあ、怒ることはなくなりました。(笑)

さてさて、お盆休みの帰省ですが、
結局、出かける事が多くゆっくりも出来ず、
疲れは溜まる一方でした。
でも、実家の父と母の方がかなり疲れてるだろうなって思います。
今回の帰省では、ずっと行けなかった祖父と祖母のお墓参りが出来てよかったです。
もう、かれこれ、結婚してからずっと行けずじまいでしたから。
主人の方は近くにあるので、よく参ってましたが、
実家のお墓は場所もかなり(車で、順調にいって40分、混めば1時間以上)離れていたので、
帰省してもなかなか行けなかったのです。
それから、母方の祖父のお墓参りにも行ってきました。
こちらは、母の実家が京都にあり、お墓もそちらに。
帰りに母の実家にもより、久々に祖母と伯父に会い、
祖母は、曾孫に会えてとても喜んでいました。
特に次男とは初めて会うので、もうこんなに大きくなってるのねっとびっくりしてました。
こどもたちは、広々した部屋に喜んでずっと走り回ってました。
そんなかんなで、今回の帰省はお墓めぐりって感じでしたが、
大切なことなので、よかったです。
この帰省中に長男は5歳の誕生日を向かえ、
近くのファミレスで祝ってもらったのがそんなにうれしかったのか、
今回の帰省で一番よかった楽しかったことは何?っと聞くと
レストランでオムライスを食べた事ですって。
よっぽど、オムライスがおいしかったみたいです。

本当は実家でのんびりして、編み編みでもうしようと思ってたのですが、
結局、何も出来ずじまいでした。
さて、そろそろ縫い縫い、編み編みを再開しましょうかしら。
後で、皆さんのところにおじゃましに行きますね。
[PR]
by aura-sbys | 2006-08-25 10:10 | 日々のこと

甚平

最近、さぼり癖がついてしまって、ごめんなさい。
子どもが夏休みに入ってから時間に追われた生活をおくってます。
やっと、子供たちも落ち着いてきたみたいで、
だいぶ仲良く遊ぶようになりました。
今日は、台風が来てるということで、出かけるのを止めてずっと家におります。
ので、ちょっとPCの時間がとれたので、更新しときます。

そこで、申し訳ないです。
handmadeだけ別にしてたブログの方は暫らくお休みします。
なかなか、2つも記事を書く時間がないのもそうですが、
handmadeも今はちょこちょこっとしか出来なく、あまり意味のないブログになってきたように思えてきたのもあるのです。
皆さんにはご迷惑をかけますが、しばらくは、こちらのエキサイトに載せる事にします。
ごめんなさいね。
いつになるか分かりませんが、handmadeに載せてた分はこちらに移すようにしておきますね。

そして、ここ10日間のことですが、毎日どこかへ出かけてました。
うち、2日間はミシンに没頭してました。
暫らく、ミシンとは無縁の生活をしていたため、
かなり、反動が来まして、朝からちょこちょこと縫っておりました。
日中はちょこちょこと邪魔がはいりますが、なんとか2日間で縫い上げれました。
実は、先週の土曜に近くの河川敷で花火大会があり、それに向けて作ったのです。
b0083042_11234754.jpg

pattern: クライ・ムキ パターン・ソーイング
       家族で着れるじんべい&ゆかた より、
        じんべいのsize100と120
fabric: 近くの商店街の手芸店

かにさんがいっぱい付いてるかわいい甚平さんができました。
前から作りたいと思ってたのですが、
なかなか好みの生地で出会えなくて、
とりあえず、なんでもいいやと先週の火曜に近くの手芸店へ。
一つ渋可愛い生地があったのですが、1.3mしかなく仕方なくこのかにさん柄になりました。
子供たちもかにダンスの歌を歌いながら、気に入ってくれたのでまあいいですかね。
来年は私好みの渋可愛い生地を探してつくりたいな。
このクライ・ムキさんのパターンは和裁を取り入れてるので、
縫い代はすべて中に入れ込む形で、ほとんど3つ折りです。
ので、ジグザグは一切なしです。
3つ折りでいちいちアイロンはすこし面倒でしたが、
出来上がった後はあの、ジグザグの部分がないので、とてもすっきりして気持ちがいいですね。
なるほど、和裁ってのはよく考えられた縫い方になっています。
これを、昔の人はすべて手縫いで縫ってたんですよね。
とても大変な作業だったとおもいます。
ミシンだとダダダーと縫えるけど、
手縫いは一針一針ですものね。

こうやって縫い始めるとまた、何か縫いたくなりますね。
でも、次は先にプレセントにと作りかけていた編み編みを仕上げてしまいます。
訳合って、中断というよりやり直さなくてはいけない事が発覚しまして、
これは、おっちょこちょいの私のミスなのですが、
とりあえず、これを先に仕上げてしまいますね。
それからまたミシンやりたいと思います。

最後に、先週の土曜にあった花火大会です。
昔は河川敷まで見に行ってましたが、
もの凄い人で、帰えりがとても苦労したので、
子供の小さいこともあり、最近は近くの公園のグラウンドから毎年みてます。
b0083042_11465457.jpg

[PR]
by aura-sbys | 2006-08-08 11:49 | sewing(kid's)